砂浜の「モンブラン」_生痕▼図1 観察場所 (名洗海岸) ここには砂浜が拡がり、また小畑川が有機物を運ぶので 甲殻類の棲息に適し、干潮時には無数の巣穴が現れる。▼図2 「モンブラン」と砂団子 砂浜のカニは砂泥を濾して有機物を摂取し、跡に砂泥を砂団子に し ...

宝満再訪▼図1 宝満全景 宝満は約2000万年前の溶岩からなる▼図2 溶岩の断面 流理構造▼図3 大宝満の中心部▼図4 板状節理▼図5 板状節理と破砕溶岩▼図6 縞状の溶岩▼図7 ブロック状の溶岩▼図8 溶岩と凝灰岩(砂質) 両者は指交関係▼図9 磯の生 ...

「イカの骨(甲)」の漂着 7月頃シリヤケイカの「骨(甲)」が大量に漂着することがある。 シリヤケイカは5月頃の産卵後に寿命(約1年)を終え、 その遺骸が漂着すると考えられる。 銚子ジオ散歩(365)初夏の飯岡港 参照▼図1 漂着した「骨」▼図2 漂着した ...

波崎海岸の夏の植物▼図1 ネコノシタ 茨城県絶滅危惧Ⅱ類に指定されている(2012年)。▼図2 ネコノシタの新しい株 周囲へ茎を伸ばしている ▼伸張する茎▼図3 名残のスナビキソウ 波崎では4~5月頃に開花する。茨城県絶滅危惧Ⅱ類に 指定されている。▼図 ...

漂砂と魚群▼図1 観察場所の位置▼図2 観察場所  漂砂によって海水が濁っている▼図3 漂砂と魚群 黒い帯を魚群とする理由  ・屏風ヶ浦付近は快晴なので雲の影ではない  ・無数の海鳥が舞ながら海面に突っ込むような動きがある 魚群(イワシ?)は漂砂の濁りを ...

↑このページのトップヘ